Menu

Webプログラマーに必要なスキル

Webプログラマーに必要なスキルとしては、プログラミングスキル、対人折衝スキル、ロジカルシンキングスキルの3つが挙げられる。
まず大前提として必要なのが、プログラミングスキルだ。
ここで言うプログラミングとは単にPHPやJavaなどのプログラミング言語単体を指すのではなく、Webプログラムを可動させるために必要なHTMLやCSS、データベースであるSQLなど広義の意味を指す。
土台としてこれらのスキルをまず習得しなければプログラミングを行うことができないため、必須の取得スキルとなる。

次に必要なのが、対人折衝スキルだ。
Webプログラマーの仕事はクライアントが存在して初めて意味を成す仕事であるため、クライアントの意見をしっかりと汲み取り、プログラムに反映する必要がある。
直接クライアントとの会話はなくとも、依頼された要件からクライアントが欲しているシステムを読み解き、意図に沿ったプログラムを提供するスキルが求められる。

最後は、ロジカルシンキングスキルだ。
ロジカルシンキングとは、論理的に物事を筋道立てて考える力のことで、プログラミング言語を使用する仕事においては必要不可欠なスキルと言える。
プログラミング言語はある種数学的な考え方が必要になるため、論理的に正しいプログラミングでなければそもそもプログラムが正しく動かない。
論理的思考がなければ余分なプログラムを記載することになり、重く使い勝手の悪い仕様になってしまう。