Menu

フリーランスのWebプログラマー

Webプログラマーは、Webサイトの構築作業を担当するプログラマーだ。
ニュースサイトや通販サイトなど、あらゆるWebサイトはWebプログラマーによって構築されている。
どのような構造のWebサイトを構築するか、その詳細を決定するのはシステムエンジニアの担当だ。
設計案を具体化するのがWebプログラマーの仕事と言える。

IT業界はフリーランスで活動できる職種が多く、Webプログラマーも例外ではない。
しかし、フリーランスとして活動するには一定の知識と経験がなければならない。
具体的には、HTMLやCSSなどWebサイト構築の基礎はもちろん、PHPなどのプログラミング言語に精通している必要がある。
また、ブラウザの動作についても幅広い知識が求められる。
ブラウザはOSやバージョンが異なるとWebサイトの表示が変化する場合があるので、常に知識を更新しなければならない。

こうした実務上の知識と経験に加え、スケジュール管理や報酬に関する交渉などもフリーランスでは重要になる。
フリーランスは自分が望まない仕事は引き受けない選択ができるが、税金の申告など管理的な業務も原則として自分で行う必要がある。
仕事が順調なほど、会社員のWebプログラマーより多忙になる傾向にある。
会社員のような研修はないので、自力でスキルに磨きをかける努力が求められる。
その反面、大規模なWebサイトの構築など条件の良い案件に関わることができれば、会社員よりも報酬面で優遇される可能性がある。

◆フリーランスを検討しているなら、こちらのサイトをチェック◆